世界一温かい教室を目指して

コメントなどはhk_kminami@yahoo.co.jpへお願いします。

1740 時間がかかること

自分の授業づくりを変えようと試みています。


生徒が受けたくなるような授業を目指すつもりです。1月期よりも本気で目指しているつもりです。

刺激と面白さ、楽しさのある授業を目指しています。


ちょうど2学期が始まるこのタイミングですから、良い機会だと思い、このタイミングになりました。


師匠の授業づくりと鈴木健二先生の授業づくりをもとにしています。


私が慣れていないこともあると思いますが、時間がかかります。


1教えるには10知っておかないといけないという言葉があります。生徒に提示するものの何倍もの準備をしないといけないということだと思います。50分の授業を創るのに500分(8時間20分)をかけているわけではありませんが、3時間くらいはかかっていると思います。


来年になれば、もう少し時間をかけずに創れるかもしれませんが、まだまだ時間がかかります。


授業を創ることは創造的な活動だと思っていますから、時間と成果が比例するとは思いません。それでも、時間をかけなければ、生徒が受けたくなるような授業は創ることができないと思います。


この時間の確保を多忙な現場で、しかも初任の段階からするのは難しいんだろうなと思います。勤務時間の中で授業づくりにどれだけの時間を使えるのでしょうか。使いたくても使えない現状があるようにも思います。まだ、正式採用されたわけではないので、正確にはわかりませんが。どうしても勤務時間外の自分の時間を使うことになりそうな気がします。


今の非常勤講師という立場と、比較的自由に使える時間を大切にしようと思います。