世界一温かい教室を目指して

コメントなどはhk_kminami@yahoo.co.jpへお願いします。

1891 校庭でキャッチボール

島の学校での勤務でした。最近は、勤務のたびに、昼休みに小学生の子と校庭でキャッチボールをしています。


児童も生徒も1人の学校ですから、どうしても大人と遊ぶことになってしまいますが、それでも楽しそうに昼休みに先生方と遊んでいます。


遊びは一定の期間でいろいろ変わっていきます。バドミントン→トランプ→バスケ→カードゲーム→ストラックアウト→キャッチボールという感じです。


キャッチボールをしようと児童に言われて、正直、「え、できるかな?」と思いましたが、やってみたらできるものです(笑)


小さい頃は、硬いボールが怖くて、それでボールから逃げてしまい、うまくキャッチできなかったんだと思います。それが今はないので、小学生相手ならできるんだろうなと思います。


島自体とても静かです。風の音、木が揺れる音、鳥の鳴き声など自然の音が良く聞こえます。


そんな長閑な校庭でするキャッチボールもまた楽しいものです。


住んでいる場所が町の真ん中なので、自然を感じながら体を動かせるキャッチボールの時間はとてもいい時間だなと感じています。残念ながら数年後には廃校になりそうな学校です。こういう体験ができる学校は確実に減ってきていると思います。もしかしたら、同じような体験をできる学校での勤務は今後の人生の中ではないかもしれません。授業などの勤務を含めて、今、きっといい経験を積ませてもらっていると思います。


ただ、キャッチボールは、あまりにも急に誘ってくるので、スーツのまま、しかも革靴でやっていますが、、、。いつも通り、昼休みはキャッチボールかなと思ってグラウンドシューズを持っていった日に限ってトランプだったりします(笑)まぁ、子どもたちの気分で決まるのだから仕方ないですが。



1890 新人2人を指導する

アルバイト先で店長から2人の新人教育を任されました。任せていただけるのはありがたいことです。新人教育って大切だと思います。教育する側に能力がないと、新人は育ちません。


ある人が言っていた事です。使っている言葉は悪いですが、そのまま書きます。


「上に立つ者がちゃんと考えないといけない。自分の能力を高めないといけない。そうしないと育てられる方が可愛そう。下の立場の者は上から言われたことに基本、嫌とは言えない。組織を考えたときに、基本は従わないといけない。だから、指導する側がバカだったら、教えられる方もバカになってしまう。バカがバカを育てる。」


言葉は悪いですが、ストレートな表現の分、わたしにはよく伝わりました。言いたいことはよくわかりますし、納得します。


教える方、指導する側には、その任を果たせるほどの能力必要です。


その能力とは、仕事をわかりやすく教えること、新人ができる(1人で仕事できる)状態に育てること、心の部分の教育、コミュニケーションをとる力などいろいろですね。


任せられたのでちゃんとその任を果たしたいと思います。もうこれが、この店での最後の仕事だと思います。



1899 正しい書き順ってあるのだろうか

漢字の書き順が間違っていると指摘を受けたことが何度かあります。最初は、正しい書き順を覚えなおさないといけないなと思っていましたが、いろいろ考えるようになりました。


その中のいくつかを書き出します。


①正しい書き順ってあるのだろうか。

②正しいとは、誰が決めたのか。

③学習指導要領に正しい書き順が書いてあるのか。

④私自身は今まで指摘された文字を間違った書き順で書いてきたが、困ったことは一度もない。

⑤正しい書き順で書くことになんの価値があるのか。

⑥保護者から見たら、正しい(とされる)書き順で書いてない教師は「先生なのに」と思うのか。


学習指導要領や文部科学省が発行している資料を調べてみようと思います。


別に管理職の先生に反抗するわけではありませんが、上記①〜⑤のような疑問の答えを純粋に知りたいなと思いました。

1898 嫌いなものを無理に食べさせるべきか

給食の時間に勤務校の先生と生徒に嫌いなものを食べさせるかという話しました。


私は、無理に食べさせなくてもいいと思っています。嫌いなものは無理して食べる必要がないということです。


もしかしたら、多くの先生方は、教育上良くないと言われるかもしれませんが、嫌いなものを無理に食べさせるのは教育でしょうか。


わたしには絶対に食べたくないものがあります。アレルギーではありません。しかし、匂いを嗅ぐだけでも気分が悪くなるものがあります。


そんなものを無理強いされたら、とても嫌な気持ちになります。きっと食事を楽しめないでしょう。


無理な食べ物は食べようと少しは頑張ってみる。それでもダメならダメ。ではいけないのでしょうか。


まぁでも、多分、私のこの考え方は少数派でしょうね。

1897 健康診断へ

健康診断を受けにいきました。


今日が健康診断ということを忘れていて、昨日の夜には焼肉を食べに行き、ビールなどのお酒を飲み、最後は寿司でしめてと、健康診断前日とは思えないことをしていました。


焼肉や寿司には飲食店のアルバイト先の新しい店長と隣の店の店長と行きました。誘われた時に、その日は予定がないから行けると思って、行くと返事をしたのですが、後になって、そういえば、次の日は健康診断だったと思い出しました。


予約人数を変えてもらっているので、断れなかったです。しかし、値段に対しての味が本当に良かったです。良い店を知れました。


さて、健康診断の結果ですが、採血結果は明日以降に出るのでわかりませんが、それ以外の数値はどれも正常値で全く問題がありませんでした。まだまだ若い体でよかったです。ちょっとホッとしました。


しかし、次回からはちゃんと気をつけないといけません。体を大事にしようと思います。


採血結果も無事なんともなければ良いのですが、、、。