世界一温かい教室を目指して

コメントなどはhk_kminami@yahoo.co.jpへお願いします。

1933 入学式

昼から入学式がありました。


午前は会場設営と清掃、全体練習がありました。


出会って2日目の子たちに指示を出したり、話をしたりするのは気をつかってしまいます。でも、話をする時はしっかりと顔を上げて聞いてくれるいい子達だなと思いました。


さて、午前中最後の時間に学活があったので、全体練習をA(完璧だった)・B(もう少し頑張れた)・C(全然ダメだった)の3段階で自己評価してもらいました。結果は全員がBでした。理由を聞くと、「校歌をもう少し大きな声で歌えたから」「礼をもっとみんなと合わせられたと思うから」「座っているときの姿勢をもう少し意識しないといけないと思ったから」ということでした。


卒業式本番の後にもう一度自己評価をさせました。結果は全員がBでした。理由を聞いていて感じたことは、同じB評価でも、全体練習の後のBとは違うということです。理由を聞いたときに、「〇〇は良かったけど」や「〇〇の部分は意識できたけど」というように答えていた子達が多かったです。Aに近づけるための努力をしたんだなと思います。


意識して努力することは大切なことです。このようなことをこれからも大切にしてほしいと思います。