世界一温かい教室を目指して

コメントなどはhk_kminami@yahoo.co.jpへお願いします。

1669 人の目に触れる文章を書く機会

思考帳を書き出して、自分の頭の中にあることを文字化している。


短文、箇条書き、単語レベルで書いているが、それでもだいぶ思考が整理されるし、そのフレーズの1つ1つを見るだけで、こんなことを考えているということが思い出せる。


2回目、3回目と見直すと単語をもとに別の単語が浮かんでくるなど、ウェビングマップのように広がっていく。


文章化するのはまだ少し難しいけど、短文から書いてみると、人の目に触れさせることのできる文になると思う。この文をつないでいくと、文章になる。


文章を書く時に、文章の書き方を学ぶべきだと思っていた。しかし、そうではなく、まずは自分がどう考えるのかを他者にわかるように文章としてアウトプットすることが大切だと気づいた。それがあって初めて、文章の書き方が生きるのだと思う。


SDKの原稿、教員採用試験の論文、各種レポート、全て人の目に触れる文章である。これらの人の目に触れる文章を書く機会が、自分自身の文章の書き方を見つめ直す機会になった。


文章を書くのは難しい。すっきりとしていて、誰が読んでも分かりやすい文章を書けるように、思考帳を活用して、少しずつ文章の書き方も勉強していこうと思う。