世界一温かい教室を目指して

コメントなどはhk_kminami@yahoo.co.jpへお願いします。

1122 考えながら数をこなすこと

飲食のアルバイト先の新人さん教育の話です。


今日新人さんに話したのは、考えながら数をこなすことです。


どんな単純作業でも数をこなすことで、スピードと質が向上すると思っています。また、サービス(アテンドやウォーターサービス、オーダー取り、商品の提供、会計)も数をこなすことで、緊張や硬さが取れていき、ある程度までは質が向上すると思っています。


ただし、数をこなせば無条件で業務やサービズの質が向上するとは思っていません。数をこなしてもなかなか作業やサービスの質が向上しない人もいます。


向上しない人とする人の違いは考えながら業務やサービスをしているかの違いだと思います。実際の勤務時間中に考えるほどの余裕がなくてもいいと思っています。その時は、仕事が終わって家に帰るまでの道やバス・電車の中で、1日の勤務を振り返るといいと思っています。


短時間でも考えたり、振り返るだけで、成長するスピードや次回の業務、サービスの質がほんの少しかもしれませんが良い方向へ変わると思うのです。この、少しの積み重ねが大切だと思っています。


業務の質が向上すると、一緒に働いている人から褒めてもらえますし、認めてもらえます。サービスの質が向上するとお客さんから褒めてもらえますし、認めてもらえます。


すると、仕事をしていて楽しくなると思うのです。頑張ったことは全て自分に返ってきます。これは、私が自分自身の体験から今の仕事に対して思っていることです。この仕事はそういう仕事だと思っています。このことは後輩や新人さんに語っていきたいと思っていることです。


しかし、今日はここまでは話せなかったので、考えながら数をこなすことだけ話しました。


いつか今の仕事の面白さや楽しさを語れる日が来るといいなと思っています。