世界一温かい教室を目指して

コメントなどはhk_kminami@yahoo.co.jpへお願いします。

480 8冊目『一流芸能人がやっているウケる会話術』

2017年50冊読破目標8冊目です。


難波義行さんの『一流芸能人がやっているウケる会話術  場を盛り上げ相手を楽しませる話し方』(こう書房 2009)読破です。


最近、話術について勉強しています。それは、自分が話が下手だと思っているからです。自分の周りにいる話が上手い人のようになりたいと思っています。そのための勉強です。


さて、今回は会話に絞った話術の本です。教師が話をする場面は、授業中や集会での話など、ひとりで大勢に向かって話すことが多いのですが、個別に相談を受けたり、指導をしたりすることもあります。


その他にも、休み時間などに生徒と行う何気ない会話が生み出す、教師と生徒の良好な関係が日々の生徒指導、授業などの学習指導に少なからず影響を与えます。


また、生徒との会話を通して、生徒が興味を持っていることや、生徒の間で流行っているものなどを知ることができれば、そのネタを使って、授業中に説明すべきことを生徒の興味があるものでわかりやすく例えたりもできます。これによって、生徒が飽きずに授業に参加できます。


こう考えると、何気ない会話も大切だなと思えます。


この本を読んで思ったことは、会話術は、術(=スキル)ですから、誰でも鍛えることができるということです。


大まかに言えば、いろんな体験をしたり、いろんな情報を仕入れることで、ネタを仕入れ、それを整理した上で、話を構成して、実際に話すというように、話は練ることで、面白くできるということを感じました。もちろん、実際は、こんな単純ではないのですが。


そして、一流のものに触れ続けなければいけません。そのお手本として、この本では、芸能人に注目していました。


この本で学んだ会話術を少しずつ自分の会話の中に取り入れていきたいと思います。


一流芸能人がやっている ウケる会話術――場を盛り上げ相手を楽しませる話し方

一流芸能人がやっている ウケる会話術――場を盛り上げ相手を楽しませる話し方