世界一温かい教室を目指して

コメントなどはhk_kminami@yahoo.co.jpへお願いします。

319 少し成果が出てきた

これまでの大学での模擬授業、中学校での授業で、多くの先生方や友達から字の汚さを指摘されました。


字は授業だけではなく、日々の生活のなかでも使います。読む人のことを考えたら、汚い字よりも綺麗な字の方が良いはずです。


少し前までは、ノートなどは自分しか見ないのだから、汚い字でも、自分が読めれば良いと思っていました。しかし、当たり前ですが、読み返す時に、綺麗な字で書いてある方が見やすいです。それからは、未来の自分に見せるものと考え、意識して、丁寧に字を書くようになりました。


綺麗な字を見るたびに、自分もこのような字を書きたいと思います。


本格的に意識しだすようになり、いろんなことを意識して字を書くようになりました。例えば以下のことです。


・いつもより少し時間がかかってもいいから丁寧に書く。

・文字の大きさをなるべくおなじにする。

・止めや払いなどを意識して書く。

・誰かに見せるつもりで書く(読む人のことを考えて書く)。

・一文字一文字の間隔をおなじにする。

・文字の上の線と下の線を意識して、文章を書く。


最近、友達などから、少し字が綺麗になったね!と言われるようになりました。

ちょっとだけ成果が出てきたのかもしれませんが、まだまだです。


しかし、このような言葉は励みになります。ありがたいことです。継続して頑張ります。