世界一温かい教室を目指して

コメントなどはhk_kminami@yahoo.co.jpへお願いします。

957 24冊目『友だち幻想』

2018年50冊読破目標の24冊目です。


菅野仁さんの『友だち幻想』(筑摩書房 2008)読破です。


教員採用試験間近ということで、なかなか読書をする余裕がありませんが、今日はどうしても机に向かっても集中できませんでしたので、読書をしました。


私もこれまでいろいろと悩んできた友だち関係に関する本です。


学校で「みんなと仲良く」することも大切だけど、「気の合わない人とも並存する」ことを教えることも大切という点には賛成です。


高校時代まで、友だちは多い方がいいと思ってきました。誰かと一緒にいないといけないという変な意識も持っていました。


移動教室の時は誰かと動き、昼ごはんを食べるときは誰かと食べる。それは、周りの目を意識したことであり、本当の友だちというよりも、1人でいない姿を誰かに見せていることの安心感だったかもしれません。


今は、1人でいることになんの抵抗もなく、過剰に周りの目を意識することもなくなりました。


実際、大学までに知り合った人を含めて、定期的に会ったり、連絡を取っている人はいません。


それはそれでいいと思っています。こんな状況でも、県外に行くことがあれば、行く先にいる人は会ってくれますし、LINEを送れば返信も来ますし、話も弾みます。


まぁ、こんな関係では満足できない人もいるのでしょうけど。


教師として考えた時、クラス全員が仲良くなってくれるのは理想ですが、何かの目的を達成する時に、あまり仲が良くない人とも協力できる子を育てたいという気持ちもあります。それが、社会に出た時に役に立つと思います。


だって、仲が良い人といつでもどこでも一緒にいることはできないのですから。



友だち幻想 (ちくまプリマー新書)

友だち幻想 (ちくまプリマー新書)


956 時間を意識すること

仕事をする時に、時間を意識することは大切なことだと思います。


何分間でこれをやり終わろうとか、何分までにこれを終わらせようとかそういう意識を持っているかどうかということです。


うまく仕事を終わらせることができていたり、余裕ができれば、イレギュラーな仕事が入ってきても対応できます。


何時から何時までという時間で終われれば、一番いいのでしょうが、時間ではなく仕事内容で仕事の終わりが決まる仕事の場合は特にこのことを思います。


アルバイトという形ですが、両方の仕事を同じタイミングで経験しているとこんなことを考えるようになりました。

955 変容を意識すること

指導前に指導後の生徒が変容した姿を具体的にイメージできていない人の指導は、イメージできている人の指導には全然及ばないんだなと思った1日でした。


指導後を細かくイメージできているからこそ、指導中に細かいとこを意識できるんだなと思いました。

954 教師修業セミナーのご案内

11月17日に愛知教育大学より鈴木健二先生をお招きして、「教師修業セミナー2018 秋 in佐世保」を開催します。


毎回大好評!愛知教育大学より鈴木健二先生をお迎えしての道徳セミナーです。「道徳科」の授業に焦点を当て、教科書教材、オリジナル教材を使って、日々の授業をどのように創り、実践していくかを私たちと学びませんか?

期 日:2018年11月17日(土)

参加費:3000円

会 場:佐世保技能会館

日 程:【第1部 教科書教材編】

               10:00~10:50 教科化真っ只中!「道徳科」の授業づくり(辻川和彦)

               11:00~11:50 鈴木流・教科書教材の料理法(鈴木健二

    【第2部 教材開発編  】

              13:00~14:00 「道徳科」時代の教材開発(模擬授業3連発)

          13:00~13:15 ①川上大輝

          13:15~13:30 ②宮原寛之

          13:30~13:45 ③(交渉中)

          13:45~14:00 講   評(鈴木健二

     14:10~14:50 タイトル検討中(緒方茂)

     15:00~15:40 道徳化に向けて何をすべきか(山中太)

     15:50~16:40 鈴木流・教材開発の力量向上(鈴木健二

鈴木健二 先生

  宮崎県で市教育委員会主任指導主事、公立小学校長などを経て、2013年4月より愛知教育大学教育実践研究科教授。主な著書に、『道徳授業づくり上達10の技法』『必ず成功する! 新展開の道徳授業』(以上日本標準)『道徳授業をおもしろくする!~子どもの心に響く授業づくりの極意~』(教育出版株式会社)など多数。


ぜひご参加ください。


お申し込みはこちら↓

https://www.kokuchpro.com/event/f78b1ff75eaf539ba33830d3db958138/


また、6月23日の「教師修業セミナー2018 夏 in佐世保」ももう少し、お席に余裕があります。こちらも、ぜひご参加ください。


お申し込みはこちら↓

https://www.kokuchpro.com/event/69d1e9d2bfd7b1d370a6f66f3e2dd197/


953 息抜きをすることも大切

市内の多くの中学校が定期試験前になりました。


普段あまり勉強に意欲的ではない子も頑張って勉強している姿が見られます。


頑張ることは大切ですが、無理をしないようにしてほしいです。


集中力は長くは続きませんし、同じモチベーションを毎日維持することは難しいのです。


無理をして1日に長時間勉強しようとすると、バーンアウトしてしまいます。


ですから、ときには息抜きが必要だと思います。


テレビを1時間みる、ゲームを少しだけやる、友達と話をする。そんな普段通りの時間があっていいと思います。


ただ、自制できないといけませんが。いつもより、勉強する時間の割合を増やすこと。そして、それを維持すること。これを意識してみると、ハードなイメージのあるテスト前の勉強に対するイメージが変わり、頑張り続けられるのではないのでしょうか。

952 他者の視点を持つこと

自分が発する言葉、自分が書く文章について、相手がどう受け取るかを意識することが増えました。


言葉でも文章でも受け取る相手がいるわけです。同じことを言ったり、書いたりしているようでも表現の仕方によって、受け取り方が変わると思います。


言葉の場合は、声の高さや大きさ表情なども大切だと思っています。


もちろん、誤解を与えることや相手がよく思わない言葉を発したり、文章を書いてしまうこともあります。


自分が発する言葉や書く文章に対して、他者の視点をも出るようになりたいと思います。


文章は何度か読み直せばいいのですが、話すときは難しいですね。


話している自分と、自分が話していることを聞いている自分と、それを受けて次にどんなことを話そうかを考えている自分が同時に存在しますから、難しいと感じます。


教員採用試験の面接もありますから、それも意識しつつ、少しずつやっていこうと思います。

951 9.1倍

教員採用試験の倍率が発表されました。


私が受験する中学校社会科の倍率は9.1倍でした。採用予定者数9に対して82人が応募している状態です。


初めて受験した年が18.2倍でしたから、倍率自体だけでみると、半分にまで落ちました。


前年も書きましたが、倍率が何倍になろうと、合格する人は合格するのだと思います。


数字にいろいろ思わず、やるべきことをしっかりやりたいと思います。


一次試験当日が近づいて来ました。一次試験まで、あと1ヶ月になりました。


最後まで頑張りたいと思います。