世界一温かい教室を目指して

コメントなどはhk_kminami@yahoo.co.jpへお願いします。

773 第2回授業会

今日の午後から、大学時代の教員を目指す友達と一緒に第2回授業会を行いました。


Aさんが体調不良で参加できなかったので、Bくんと2人で行いました。


今回のテーマは「大正デモクラシー」でした。


私が実践しての反省は以下のことです。


・説明がダラダラしている。

・同じことを何回も喋ってしまった。

・同じ活動を続けてしまった。

・発問や指示が練られていなかった。(教師が考えて欲しいこと、やって欲しいことが1回で伝わらなかった)


実際に喋ってみると、想像してたよりもうまく話せませんでした。頭の中でイメージするのと、声に出して説明したり、活動を指示するのでは、全然違うなと思いました。さらに、そこに生徒の活動をフォローしたり、反応を返したり、切り返したりすることをするといっぱいいっぱいになってしまいました。


ここら辺は慣れなのでしょうが、なかなか難しいです。


Bくんとの意見交換を含めた会話の中で、勉強になったのが、世界史からの視点で日本史をみるということです。最近、この大切さを感じ始めていたこともあり、世界史の知識が豊富なBくんの話はとても勉強になりましたし、興味を持って聞くことができました。

また、Bくんの指導観を聞いて、なるほどなと思ったことがあります。自分があまり意識していないことを意識していました。


前回、今回とAさん、Bくんから学んだことがあります。また、逆に、Aさん、Bくんが私から学んだことがあると言ってくれました。


それが正しいかはわかりませんが、お互いに良い刺激を受けています。1人で学ぶのもいいのでしょうが、こうやって数人で学び合うこともまたいい勉強になります。


さらに、先輩の教師の方などに参観してもらえば、さらに勉強になるのでしょうが、まだまだお招きできる状況にはありませんので、それをするならば、もう少し先かなと思います。

まぁ、他のメンバーが、これを望んでいるかもわかりませんしね。


次回は来月になります。また頑張りたいと思います。

772 社会科の授業づくり

明日の午後、教職を目指す友達と授業会をします。


中学校社会科の歴史的分野の中の大正デモクラシーについて、参加者が50分の授業を構成し、実践し、意見交換を行います。


今回、私は教科書に載っている資料を活かすことと、鈴木健二先生が主張されている、思考のスイッチを入れることを頭に置いて授業を構成しました。


明日、実践して、どのような意見をもらえるのか楽しみです。

771 45冊目『もっと笑う!教師の2日目』

2017年50冊読破目標の45冊目です。


中村健一先生の編著『もっと笑う!教師の2日目』(黎明書房 2017)読破です。


昨日、黎明書房から現物が届きました。


内容は知っているのですが、本という形で手元に届くと感動します。


『笑う!教師の1日目』同様、面白いネタがたくさん載っています。教室に笑いが欲しい方にはオススメです!


f:id:B1113032:20171215220532j:plain

770 中学校研修

今日は、週に一度の中学校現場研修に行ってきました。


今日は、いつもよりも早く着きましたので、朝のあいさつ運動に最初から参加しました。コートを着て、マフラーをして、手袋をしてもとても寒かったです。しかし、朝のあいさつ運動で生徒と挨拶をすると、とても気持ちいいです。


さて、今日参観させていただいた授業は社会科2時間、道徳1時間、英語2時間、理科の研究授業1時間です。


社会科2時間はY先生の授業です。本当に私が受けていても楽しめます。話のネタの豊富さ、説明のわかりやすさ、笑いが起きる場面があることが勉強になります。


もちろん、知識をしっかり教えること、思考させる場面もあります。


ゲームや笑いが起こることや話などの楽しいことをした後に、発問をしたり説明をしたりするなど真面目なことをすると、普通はそこで生徒のテンションが落ちて、教室の空気が暗くなったり重くなるのですが、Y先生の授業では、これがないところがすごいと思うところです。


Y先生の社会科以外の授業からもいろんなことを学べました。いろんなことを考えました。


それらの1つ1つを現場に出た時に活かせるようにしたいと思います。

769 『もっと笑う!教師の2日目』

黎明書房より、笑うシリーズ2冊目となる『もっと笑う!教師の2日目』が本日発売されました。


中村健一先生と、全国にいらっしゃる愉快な先生方と一緒にこの本を執筆させていただきました。


笑うシリーズ1冊目の『笑う!教師の1日』では、5ネタが採用されましたが、今回は7ネタの採用と、少しだけ執筆原稿数が増えました。


笑うシリーズのすごいところは、真面目にしないといけないと思われている掃除の時間にまで笑いを生み出そうとしているところだと思っています。


笑いを追求しすぎて、ふざけて掃除をするのではなく、真面目な掃除の中に笑える場面を生み出すネタが満載の一冊です。


この本には、掃除の時間以外にも、朝の時間、朝の会、授業時間、隙間時間、給食の時間、休み時間、帰りの会に笑えるネタが豊富です。


『笑う!教師の1日』とともに、ぜひお手に取られてみてください。


f:id:B1113032:20171213193555j:plain



768 44冊目『マンガ 世界の歴史がわかる本』

2017年50冊読破目標の44冊目です。

綿引弘さん監修の『マンガ 世界の歴史がわかる本<フランス革命〜二つの世界大戦>編』(三笠書房 2009)読破です。

世界史は、高校1年の時に必修だった世界史Aと大学の教養講義の東洋史西洋史で学習しましたが、何を勉強しているのかさっぱりわかりませんでした。

中学校の歴史の教科書にも世界史の話が出てきますが、そんなに量も多くなく、内容も限られたものですから、これまで世界史を学ぼうとはあまり思いませんでした。

しかし、最近、歴史分野で苦手な近現代史の学習をしていると、世界史を学ばないといけないなという気持ちになりました。

そこで、いきなり文章だけの本で学ぶのはきついので、マンガからだなと思い、この本を読んでみました。

これまでは、日本の中から日本を見ていましたが、日本の外の世界から日本をみると、日本の中からみているときとは違った見え方をしました。

知らないことだらけでしたので、マンガといえど読み進めるのに少し苦労しましたが、面白かったです。そして、世界史を学ぶと、日本史の見え方が変わるなと思いました。

同じシリーズのマンガをあと2冊購入していますので、こちらも読んでみようと思います。

マンガ世界の歴史がわかる本 「フランス革命~二つの世界大戦」篇

マンガ世界の歴史がわかる本 「フランス革命~二つの世界大戦」篇

767 資料を使うことを意識する

17日の授業会の授業をつくっています。


少しだけ、前回のスタイルと変更したところがあります。それは、教科書に載っている資料を活用するということです。


前回も使っていなかったわけではないのですが、教科書研究の段階で全ての資料を使えるという意識でみていたわけではありませんでした。


今回は1つ1つの資料をよくみて、それを活かせるような授業をつくっています。


資料をよくみると、これまで気づかなかった発見をすることもあります。これが面白いなと思います。


資料の全てを使うのも難しいかもしれないのですが、使えないかなという意識をもってみると、授業の中の指示や発問にパターンが増えるなと思いました。