世界一温かい教室を目指して

コメントなどはhk_kminami@yahoo.co.jpへお願いします。

653 知識の確認

専門学校で模擬授業の指導を受けていた時の話です。


『租税の意義と役割』というテーマで模擬授業を構想し、実演しました。


実演の中に、生徒に知っている税金の名前を発表してもらう活動を入れました。おそらく、消費税が真っ先に出てくると思ったので、消費税を中心に、5分間の模擬授業実演を行いました。


その後の、面接指導の中で、『この後、どう展開していきますか?』と聞かれました。


この質問に対する答えの中で、私が、『消費税は全て福祉関係に使われるので…』という発言をしました。


この発言に対して、講師の先生から、『全てが福祉目的で使われているわけではないよ!』と指導を受け、私の知識の間違いを教えていただきました。


もし、この指導を受けていなければ、実際に中学生に授業を行う時でも、同じように説明していたと思います。


わかっていること、確実に正しいと思う知識でも、一つ一つ改めて確認しないといけないなと実感しました。

652 二次試験A日程終了

今日は、長崎県の教員採用試験の二次試験A日程でした。


試験会場では、同じ中学校社会科の採用を目指す、大学時代の友達2人とも出会いました。知っている人がいるというだけで、心強かったです。


今日は、適性検査と、小論文試験がありました。


中学校受験者のの小論文試験のテーマは、『子どもの可能性を開花させ、伸長させる教師とは』でした。


うーん…。論文を書けはしたのですが、自信はありません。題意をしっかり捉えた論文を書けたかな?と、心配しています。


しかし、次の試験がありますので、そちらに切り替えて、頑張りたいと思います。


次の試験は、二次試験B日程で、教壇における課題面接(模擬授業と、その模擬授業に関する質問)と、個人面接です。


すでに、模擬授業については、指導を受けていますが、これからも、可能な限り面接指導を受け、二次試験B日程に備えようと思います。


二次試験B日程は、9月6日です。最後まで頑張ります。

651 明日は二次試験

明日は、長崎県の教員採用試験の二次試験のA日程です。


A日程では、論作文の試験と適性検査が実施されます。


4月から、様々なテーマで論作文を書いてきました。明日、どのようなテーマが出題されるかわかりませんが、これまで勉強してきた、基礎基本を意識して、1番良いA評価がもらえるように頑張ってきたいと思います。



650 3つの社会科の模擬授業

今日は、専門学校で3つの社会科の模擬授業を行いました。


採用試験対策ですので、20分で構想をして、5分間の実演をします。今日は、大学時代の友達も参観してくれました。とてもありがたいことです。良いアドバイスをくれましたので、今後に活かしていきたいです。


今日のテーマは、以下の3つでした。

①第一次産品にたよるアフリカ諸国の人々の生活や経済状況をもとに、アフリカの抱える地域的特色について考えさせる授業てください。

平安時代の貴族の生活や社会の様子について、国風文化の具体例をもとに理解を深める授業をしてください。

③EU加盟国では、政治・経済的統合が人々の生活にどのような影響を与えるかについて、事例をあげながら、具体的に指導してください。


どのテーマも、正直、1時間で扱えるものではありません。それくらいの量と質のテーマだということです。


しかし、私なりに考えてなんとか、構想し、実演しました。


ただし、5分では、テーマ全体に触れることは難しく、模擬授業に関する面接の時間に、全体の構想や、授業の流し方について質問されました。


今回のテーマは、事務局の方が作られたものらしいです。テーマ自体が広いのに、制約が様々あり、構想が難しかったです。


試験管役の講師の先生からは、このような問題に対応するためには、授業の切り口を工夫をすることが大切だと指導をいただきました。


そのためには、教科書の中だけではなく、教科書の外にある知識が必要なのです。この知識についても、ご指導をいただきました。


前回の模擬授業指導と同様、教科書の外にある知識の大切さを感じました。このことについては、また明日以降に書きます。

649 精霊流し

長崎のお盆は、お墓で花火をしたり、爆竹を鳴らしたりと、県外の方からすると驚きのお盆の過ごし方かもしれません。


また、今日、8月15日には、初盆を迎えた各家が、故人の御霊を西方浄土におくる、精霊流しが行われます。


私も、小学生の時に、知り合いの家の精霊流しに参加しました。また、爆竹を大量に購入して、小さな段ボールに詰めて、道路を流れる船を止めてしまったこともあります。もちろん、怒られました。


今年も見に行こうかなと思ったのですが、今日は、雨が降っているので、テレビでの中継を見ることにしました


爆竹のバリバリバリという鳴り止まない音、鐘のカーンカーンという音と、「どーいどーい」という声が私の家まで聞こえてきます。この音と声を聞くとお盆だなと感じます。


ちなみに、爆竹には、魔除けや精霊船が通る道を清める意味があり、「どーいどーい」という掛け声は、南無阿弥陀仏が訛ったものだそうです。




648 志望動機

面接調査票の話題ばかりですが、今日もそれです。


企業受験もそうだと思いますが、志望動機というものを聞かれます。


教員採用試験も例外ではなく、調査項目の1番にこれがあります。


私にも志望動機はあるのですが、それを限られた文字数で、相手に伝わるように文章で書くというのが、難しく、難航しています。


私が教員を目指し始めたのが、中学生の時です。その原点をもう一度、よく振り返りたいと思います。


いよいよ、二次試験のA日程が近づいてきました。


二次試験A日程まで残り3日です。


647 目の前に生徒はいるか?

昨日、書き上げた面接調査票を専門学校の講師の先生に読んでいただきました。


大まかに言うと、5つの回答文章のうち、ほぼOKなものが2つ、アイデアが面白いが、もう少し練る必要があるものが1つ、アイデア自体をもう一度よく考えたものがいいものが2つという評価をいただきました。


総じて、『もう少し、目の前に子どもがいることを意識した文章になると良い』と言うようなアドバイスをいただきました。


ご指導自体はそこまで厳しいとは感じていませんが、このアドバイスがなかなかズキンときました。私は、私なりに目の前に子どもたちがいることを意識して、具体的に記述したつもりでしたが、それが、この文章からは伝わらなかったみたいです。


おそらく、先生が思われている以上に、目の前に生徒がいることを意識して書きました。しかし、それが伝えられる文章になっていなかったのだと思います。


論文もそうですが、実際に読まれるのは、面識のない試験管の方ですから、多くの指摘をいただき、私が考えていることがより伝わる文章になるように頑張りたいと思います。


まだまだ、文章完成は遠いような気がしますが、頑張りたいと思います。