世界一温かい教室を目指して

コメントなどはhk_kminami@yahoo.co.jpへお願いします。

1462 久しぶりに指導案

明後日、愛知で開催されるSDK大会に持っていく道徳の指導案をパソコンで入力しました。


1時間ぐらいで入力は終わったのですが、久しぶりに指導案を書いたので疲れました。


以前はなにも考えずいきなりパソコンに向かっていましたが、今はパソコンに向かう前に思いっきり悩んで、考えて、狙いや指導過程を微調整をしてからパソコンに向かうようにしています。


書きたいことが頭の中でまとまっている状況になって、パソコンに向かうという感じです。


1時間はかかりましたが、それは全体的な見直しなども含めてです。なので、以前の入力時間と比べると早くなりました。


ねらいや指導過程を書くためには「主題観」「生徒の実態」「教材観」などが明確になっていないといけません。これらが明確になるから、何のために本時の授業をするのかが明確になるのだと思います。


ここが明確になれば、ねらいや指導過程はある程度まとまりのある言葉や流れで浮かんでくるはずです。そこに思考を刺激する発問だとか、教材の提示の仕方の工夫を行えばいいのだと思います。


「観」の部分の大切さは、師匠に出会った時からずっと言われてきました。ねらいを最初に考えることの大切さも師匠や鈴木健二先生に出会った時からずっと言われてきました。もう出会って4年が経つと思います。


こんなに長い時間がかかってやっと言われていたことの意味がわかったような気がします。そして、今年決めた小さな道徳を月に1本つくるということをやり続けてくる中で、観を明確にすること、広げること、深めること、ねらいを決めてから指導過程を考えるとそれまでの自分がつくった授業よりも少しいい授業になるということを実感しました。1度実感することが大切なのかもしれませんね。


しかし、ようやく自分は実感したんだなという感じです。時間をかけてしまいました。


守・破・離の守が少しだけ固まったかなと思います。


指導案はつくりましたが、実は2授業分の指導案を作らないといけないので、あともう1授業分明日入力します。


本当にギリギリになってしまいましたが、入力するだけの状態に何とかできているので、明日は早めに起きてやろうと思います。


無事、大会の宿題も終わらが見えましたので、2日後が楽しみになってきました。

1461 25歳の誕生日

今日は25歳の誕生日でした。


日付が変わった頃からいろんな人にLINEでお祝いのメッセージをもらったり、実際にあった時に「おめでとう」と言ってもらいました。


LINEやメール、実際にあってからのどちらに関わらず、誰か1人「おめでとう」と言ってくれる人がいることが本当に嬉しいことです。


塾のアルバイト先の生徒や先生方、飲食のアルバイト先のパートさんや後輩、学生時代の先輩、そして大切な家族。


今日1日本当に幸せでした。


産んでくれた両親に本当に感謝しています。お母さんからのメッセージは、やっぱりお母さんだなと思うものでした。すごいなと思いました。


今は、あぁ、もう誕生日が終わっちゃうなという気持ちです。


何か特別なことが起こった1日ではありません。いつものようにアルバイトをして、夜のウォーキングに出かけ、3日後の愛知でのSDK大会に持っていく授業をつくっていた1日でした。


それでも、周りの人が「おめでとう」と声をかけてくれたことで、メッセージをくれたことで、幸せな気持ちになれた1日でした。


こんな素敵な1日にしてくれた皆さん、ありがとうございました。

1460 1日早い

明日、25歳の誕生日です。


それを知っている塾の生徒たちが指導前にホワイトボードにメッセージを書いていてくれました。最初は、分からず、「あぁ、今日はこれ消すところからスタートか…」と思っていたのですが、よくよく見ると私の誕生日メッセージで、とても嬉しかったです。すぐさまスマホを持ってきてパシャリ!消すのが本当にもったいなかったです。


明日は、塾が休校なので、今日の指導前に書こうと5日前からサプライズで計画していてくれたそうです。本当に嬉しいことです。


私が喜ぶ姿を見て、生徒達も嬉しかったと言ってくれました。


誰かを喜ばせるために、また、誰かのことを思って、何かを計画して実行し、その人が喜ぶ姿を見て自分も嬉しくなるなんて、とても素晴らしいことだと思います。このような人が増えればきっと社会は良くなります。ぜひ、このような気持ちをいつまでも持ち続けて欲しいなと思います。


指導が終わり、机に戻ると先生方からもプレゼントが置いてあり、また嬉しくなりました。


生徒にも先生方にも感謝しかありません。ありがとうございます。


f:id:B1113032:20191119232418j:plain

1459 7万回

このブログへのアクセス回数が7万回を超えました。


お読みいただいている皆さん、ありがとうございます。


更新回数ももうすぐ1500回になります。このブログを書き始めて4年が過ぎ、5年目に入っています。


正直、こんなに長く続くとは思っていませんでした。現在の1日のアクセス回数も書き始めた時の2倍になっています。


誰かと話すときに、このブログが話題になることがあります。読んでいるよと一言声をかけてくださる人がいます。とてもありがたいことです。ものすごく嬉しくなります。


つい数日前、佐世保でお会いした A先生からもこのブログを読んでくださっているということを聞きました。A先生とお会いしたのは、私が大学生の時に行っていた研修先の中学校です。そして、今は教育委員会にいらっしゃいます。私が出会って2年間はこの中学校にいらっしゃいましたが、3年目には教育委員会に異動されましたから、お会いしたのは本当に久しぶりでした。覚えてくださっていて嬉しかったです。


この当時のことも過去のブログを読み返せばより鮮明に思い出せます。


記憶だけではどうしても忘れたいしまうことも、記録していくと、残っていきます。そういうことを意識して書いていると、後から読み直す時のことを考えて、いろいろ書きたくなります。


これからも頑張って書き続けたいと思います。

1458 28冊目『「面白い!」のつくり方』

2019年50冊読破目標の28冊目です。


岩下智さんの『「面白い!のつくり方」』(CCCメディア 2019)読破です。


面白い!という直感的なものをしっかりと分析して図に表しているところがわかりやすかったです。時には広辞苑を使いながら言葉の正しい意味に意識的になっている部分も良かったと思います。


「面白い」という感覚はもちろん笑える面白さもあります。それも大切なことだと思いますが、岩下さんは、「面白い=人を惹きつける何らかの魅力がある状態」だとも言われています。


最近、近くにいる人に言っていますが、面白いことをやりたいと思っています。ワクワク、ドキドキすることをやりたいと思っています。日常の中でこういう感覚になると、つまらない日常やいつもと同じ日常が少しだけ楽しくなると思います。


岩下さんも言われていましたが、面白いことを考えるということはクリエイティブなことです。


クリエイティブなことをやるのは楽しいことだと思います。


この本の中で岩下さんが紹介されていた面白さをつくる5つのステップを意識してやってみようと思います。


「面白い! 」のつくり方

「面白い! 」のつくり方

1457 ポンコツデー

飲食店のアルバイトでいろんな失敗を繰り返しました。


オーダーミスやレジミスです。そこに加えて、お客さんからの厳しい声。散々な1日でした。


レジミスは、クレジットカードの店控えをお客さんに間違って渡してしまい、4階から1階へ階段をダッシュしてなんとか受け取ることができました。本当にひやっとした出来事でした。


こういう1日もたまにはあるのかもしれませんね。


でも、周りのメンバーが助けてくれました。ありがたいことです。


しかし、ポンコツデーでした。もっとしっかりしないといけないなと思いました。次の出勤から切り替えて頑張ります。

1456 A中学校での研究発表

学生時代に学習支援ボランティアでお世話になっていたA中学校で市の委託研究の発表があったので参加してきました。


諸事情あって午前中の授業参観だけの参加になりましたが、いろいろ感じました。


参観したのは1年生の道徳と1年生の社会科です。


◯1年生の道徳について


授業の流れは以下のような感じです。

①CDによる教科書の朗読

②テーマ(めあて)の提示

③登場人物の中学生が自分も死と無縁だと思った理由を考える。

④「いのち」という言葉からイメージできる言葉をたくさん書き、班で交流してホワイトボードに記入後、黒板に貼る。(それだけ。それを基にした活動や教師の問いかけはない)

⑤将来生まれる自分の子どもの名前を考える(資料として、子どもの名前ランキングが配られていた)


感想を一言で言うと、面白くないなと思いました。授業全体は事務的というか、業務的というか、指導案どうりに淡々と進んでいったイメージです。


①に対して

CDの朗読は冷たいなと感じました。下手でもいいから、教師が読む方がいい気がしました。


④に対して

命からイメージできるキーワードだけを交流すれば、何か深まりがあるのでしょうか?もし、自分だったら、「なんで?」とか、「ちょっと詳しく知りたい」と思ったキーワードを一つ選ばせるとかそういう活動をこのグループワークの中に仕組みます。ただ、これは日頃からグループワークの「やり方」を指導していないと、できないことだと思います。もし、これをしていないクラスでグループワークをやっても、おしゃべりタイムに陥る可能性があります


⑤に対して

一緒に参観していた大学生の後輩にも言いましたが、授業の中の数分で子どもの名前は決められるのでしょうか。子どもの名前を考えるとき、親は何日も何時間もかけて、名前に関するいろんな本を読んだり、ネットサイトでいろんなことを調べたりします。私の名前は、苗字・名前の書き数まで意識したということを聞きました。この話を親から聞くまでは全く意識の中になかったことです。それくらい、名前を決めるというのは大切なことで、簡単なことではないと思っています。また、名前ランキングの資料は何のために配られたのでしょうか。もし、この資料が参考程度にというならば、あまりにも考えが軽いなと思いました。正直、ランキングなんて名前をつけた結果であって、その過程で意識することはありません。ランク外の名前でも一つ一つに思いが込められていると思いますし、1位の名前、同じ漢字を使う名前の1つ1つにはそれぞれの親が込めた違う思いがあるはずです。そういう意味で、参考程度にという感覚で提示した資料ならば、さらにこの活動を軽くしていると感じました。


結論ですが、感性の大切さというのを感じました。


この授業で使われていた資料で代案を考えようと思います。


最後に、この学校で学習支援ボランティアをしていた時代の先生方に会えてよかったです。ほとんどの先生は別の中学校にバラバラに異動になられていますが、それでもお会いできて、お話できてよかったです。懐かしさもありました。