読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界一温かい教室を目指して

経済学部で教師を目指す大学生が書いています。コメントなどはB1113032@sun.ac.jpへお願いします。

488 9冊目『本を守ろうとする猫の話』

2017年50冊読破目標の9冊目です。


夏川草介さんの『本を守ろうとする猫の話』(小学館 2017)読破です。


本が好きな林太郎とその前に現れたトラという猫が、様々な迷宮に行き、そこで本を解放していくという物語です。


迷宮、解放という言葉で、現代の本を取り巻く社会の様子をうまく表しているなと感じました。


本を解放していく中で、林太郎は本屋を営んでいるおじいちゃんの言葉を思い出していくのですが、このおじいちゃんの言葉がよかったです。


よく本を読む人、これから本を読んでいこうと考えている人に読んで欲しい一冊です。


なぜ、本を読めと言われるのか。考えるところがたくさんありました。また、本の読み方についても考えさせられました。


本を守ろうとする猫の話

本を守ろうとする猫の話