世界一温かい教室を目指して

コメントなどはhk_kminami@yahoo.co.jpへお願いします。

340 学習指導案よりも授業をみること

学習指導案の中にある指導過程を見れば、50分の授業の中でどのような発問をしたかだとか、どのような活動をしたのかなどのだいたいはわかります。

しかし、授業者が話すスピードや生徒の反応、どの活動にどの程度の時間を使ったのかなどのことは学習指導案からは見えてきません。

学習指導案では示されていない細かな活動も実際の授業を見ないとわからないはずです。

この見えないところが、実践をする上で大切だと感じます。

生徒の反応や、授業者が生徒の反応にどのような反応をしたかなどのやり取りを見ることがとても勉強になると最近は感じています。

目の前の生徒たち一人一人を大切にしたいと考えています。また、一人一人を少しでも向上的に変容させてあげたいと考えています。

そのためには、学習指導案よりも生の授業をできるだけたくさん見せていただくことの方が大切だなと感じています。