世界一温かい教室を目指して

コメントなどはhk_kminami@yahoo.co.jpへお願いします。

1046 安心して失敗できる環境を作ること

アルバイト先で新人さんに仕事を教えています。最初は、私や他の人の作業を見ながら、メモを取ってもらい、少しずつ自分でできるように、頑張ってもらっています。初めて一人で何かの作業をするのは緊張するものです。失礼な言い方かもしれませんが、失敗す…

1045 教師修業セミナーのご案内

以下の日程で教師修業セミナーをかいさいします。ぜひ、ご参加ください。教師修業セミナー2018秋in佐世保毎回大好評!愛知教育大学より鈴木健二先生をお迎えしての道徳セミナーです。「道徳科」の授業に焦点を当て、教科書教材、オリジナル教材を使って、日…

1043 中村先生と土作先生セミナー②

昨日の続きです。セミナーの中に設けられた、中村先生と土作先生の対談の冒頭に、私が考え出したネタ「帰れま10」をさせていただきました。前に出て、実際にネタを披露するというのは、それだけで学びになります。自分の指示や説明で会場の先生方がしっかり…

1043 中村先生と土作先生セミナー②

昨日の続きです。セミナーの中に設けられた、中村先生と土作先生の対談の冒頭に、私が考え出したネタ「帰れま10」をさせていただきました。前に出て、実際にネタを披露するというのは、それだけで学びになります。自分の指示や説明で会場の先生方がしっかり…

1042 中村先生と土作先生セミナー①

福岡で開催された中村健一先生と土作彰先生の2人会に参加してきました。土作先生は初めてお会いしました。とてもエネルギーが溢れる先生で、勢いがある方だと思いました。しかし、ネタは細かいところまでしっかりと考えられた知的な素晴らしいものでした。3D…

1041 明日は福岡

明日は福岡で開催される中村健一先生と土作彰先生の2人会に参加します。土作先生とは初めてお会いします。写真や動画からとても情熱の溢れるエネルギッシュな方だというイメージがあります。明日は日帰りになりますが、懇親会まで参加できますので、とても楽…

1040 佐世保教師塾参加記

昨日の佐世保教師塾での学びを書きます。Y先生は、道徳の資料を提示されて発問作りの演習をされました。参加者が考えた発問を発表したあと、その発問を「生徒が考えられる発問か」という観点から、一つ一つ吟味していきました。そのままでは、生徒が答えられ…

1039 佐世保教師塾

佐世保教師塾に参加してきました。久しぶりに、師匠、サークルの先生方、佐世保でお世話になった先生方にお会いできてよかったです。学びについては、また明日以降に書きたいと思います。

1038 笑顔、明るさ、上機嫌

最近、よく人に「話しやすい」と言われます。もともと、人と話したりするのは苦手な方でした。それでも、意識して話しかけやすい人になろうと思ってきました。意識したのは、笑顔でいることと、明るい声で話すこと、上機嫌でいることの3つです。ほとんどはタ…

1037 体は元気なのに

飲食のアルバイト中に、体は元気なつもりなのに、なんだか疲れを感じていました。こういう時は、心が元気じゃないんんだろうなと思っています。心の元気って、とても大切だと思います。そして、元気がいい状態を保つのは難しいことだ思います。体は疲れても…

1036 佐世保教師塾のご案内

9月の佐世保教師塾が以下の日程で開催されます。ご興味がある方は、ぜひ、ご参加ください!期日:9月12日(水)時間:19:00から21:00場所:佐世保教育センター費用:無料内容:道徳授業づくり,部活動指導,学級づくりなど中学校の先生方が中心で学んでい…

1035 『リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間』

2018年50冊読破目標の36冊目です。高野登さんの『リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間』(かんき出版 2005)読破です。リッツ・カールトンの名前を初めて知ったのは、大学生の時でした。アルバイト先のホテルの洋食の料理長が、日本人で初めて…

1034 褒められるのは嬉しいこと

アルバイト先の新入アルバイトの方に仕事を教えています。新入りといっても、年はだいぶ上の方ですから、言葉を選びながら、その人がどんなタイプの方なのかを捉えながら教えています。とても、仕事に対して前向きで、いろいろ聞いてきてくださったりしてく…

1033 35冊目『緑の午後』

2018年50冊読破目標の35冊目です。村山由佳さんの『緑の午後』(集英社 2003)読破です。おいしいコーヒーの入れ方シリーズ5冊目です。シーズン1は、全部で10巻ですから半分まで読み終わりました。人間なんて、相手によっていくらでも変われるものなのだ。どう…

1032 教員採用試験が終わりました

今日、教員採用試験の面接試験と模擬授業試験がありました。これで、教員採用試験のすべての試験が終わりました。あとは、結果を待つだけです。良くもなく、悪くもないというのが、受験後の感想です。あとは祈るしかできませんから、良い結果が出ることを祈…

1031 明日は面接試験

明日は面接試験です。今日は、試験会場近くに前泊しています。明日、家から試験会場に向かっても間に合いはするのですが、早起きしないといけないので、少しゆっくりできるように前泊することにしました。不安も緊張もありますが、去年よりも自信があります…

1030 面接指導

試験前、最後の面接指導を受けてきました。前回、聞かれてうまく答えられなかったこと、考えを正しく相手に伝えきれなかったところを、もう一度考え直して指導を受けました。まだ、少しまずいと評価されるところはありましたが、概ね安心できる評価をいただ…

1029 魅力ある教師であるためにセミナーに参加して②

昨日の続きです。中村健一先生の講座の良いところは、普通の教師目線でお話があることです。面白さについては、普通の人が、「面白いことを無理にする必要はない。漫才でいう、フリとフォローをしっかりやればそれでいい」と、言われます。このお話を初めて…

1028 魅力ある教師であるためにセミナーに参加して①

福岡で開催されたセミナー『魅力ある教師であるために〜多賀一郎先生×中村健一先生』に参加してきました。初めての多賀先生講座、中村先生との再会、『笑う!教師の1日』『もっと笑う!教師の1日』執筆メンバーとの再会など、とても楽しみがあるセミナーでし…

1027 変な天気

雨が降ったりやんだり、晴れているのに雨が降ったり。そんな変な天気の1日でした。晴れているからといって油断していると、雨が降って濡れてしまいます。天気予報は晴れだったけど、傘は必要。そんな1日でした。明日は朝から福岡に行きます。中村健一先生と…

1026 1週間をきりました

面接試験まで1週間をきりました。過去の面接試験での質問事例や私が書いてすでに提出した事前の質問票への回答を読みながら、聞かれそうなことを予想して、どう答えるかを考えています。すぐに答えようとすると、うまく答えられないものも、落ち着いている状…

1025 具体策と配慮

面接指導の時に、答えの弱さを感じたのが具体策と配慮です。学ぶことの面白さを伝えるための具体策を答えてください。だとか、子どもを褒める時にどんなことに配慮しますか。と聞かれた時に、答えに困ってしまいました。具体策がないわけではありません。配…

1024 また、とりあえずです。

とりあえずの更新です。いろいろ書きたいことはあるのですけどね。気づいたら日付が変わる前なので。

1023 34冊目『雪の降る音』

2018年50冊読破目標の34冊目です。村山由佳さんの『雪の降る音』(2002 集英社)読破です。おいしいコーヒーのいれかたシリーズの4冊目です。これまでの3冊とは違いった感じのする1冊でした。ほんわかしたイメージのかれんと、世話を焼きながらもかれんのこと…

1022 国語の集団指導

久しぶりに国語の集団指導を行いました。文学的文章の授業と古典の随筆の指導です。文学的文章の指導では、言葉は知っている、聞いたことがあるものなのに、答えられないものが多いようでした。例えば、息を詰める、脈々と、どういう風の吹きまわしか、など…

1021 買ってばっかり

気になるタイトルの本を見つけると、ついつい購入してしまいます。最近は、購入したけど、読まずに部屋に積み重なっていたり、本棚に直されてあったりするものが10冊、20冊あります。中には大学生時代に購入した本もありす。興味を持って買ったはずなのに、…

1020 9月1日に

9月1日に福岡で以下のセミナーが開催されます。多賀一郎先生、中村健一先生という素晴らしい先生方から学べるチャンスです。お近くの方、ご予定が空いていらっしゃる方は、ぜひご参加ください。https://www.kokuchpro.com/event/7a67ad5d941ff00569a718c5b25…

1019 お金で時間を買う

どこか遠くへ旅行する時に何を使いますか?私が大学生の頃は、お金を節約しようとして特急や新幹線をなるべく使わず、普通電車だけで移動するようにしていました。運賃自体は安いのですが、各駅止まりの普通電車か快速電車しか使えませんので、何時間もかけ…

1018 やらせてみること

あまり偉そうなことは言えませんが、人に仕事を教える立場、指示を出す立場を経験していきました。場所も時もいろいろ違いましたが、共通して気をつけていたこともあります。なんでもそうだと思うのですが、やってみて、体を使って覚えてもらうのが1番だと思…

1017 33冊目『彼女の朝』

2018年50冊読破目標の33冊目です。村山由佳さんの『彼女の朝』(集英社 2001)読破です。勝利とかれんの周りに新たな登場人物が出て来て、面白くなりました。本当に2人の関係は進んでいるんだろうか?というくらいゆっくり進んでいます。それでも読んでいて面…